LINEで送る
Pocket

前回に引き続き連携シリーズ。

redashユーザから「スプレッドシートと連携できたら幸せになれる。なりたい」

と依頼があったので、ちょちょいと連携してみた。

前提

プロジェクト、サービスアカウントの作成がされていること。

[redash][GoogleAnalytics]redashとAnalyticsを連携する

手順

まず、標準でredashデータソース登録画面にはスプレッドシートを選択するプルダウンがない。

パッケージのインストールと、redashアプリケーションの再起動が必要。

  1. Google APIsのダッシュボードにて、Drive APIを有効化する
  2. pip install gspread
  3. pip install oauth2client
  4. /etc/init.d/redash_supervisord restart

Google APIsのダッシュボードにて、Drive APIを有効化する

このURLでDrive APIを検索して有効化しておく。

https://console.developers.google.com/apis/library?project=my-analytics-183102&q=Drive

redashサーバ

pip install gspread

redashサーバにログインし、gspreadパッケージをインストールする。

pip install oauth2client

おそらくインストール済だといわれるかもしれない。

もしインストールされていなければしておく。

/etc/init.d/redash_supervisord restart

redashのアプリケーションを再起動する。

WEBの再起動ではないので注意。

redashで追加されたことを確認する

ブラウザにてredashデータソース登録画面に行く。

プルダウンにスプレッドシートが追加されたはずだ。

感想

簡単だった。特に詰まったところもなくw

これで本格的にredashがBIツールとして機能してくれることを願う!

参考

https://qiita.com/wapa5pow/items/312686403700a8e454df

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+